国語・英語あそび

【ベテラン担任からの助言】新一年生「宿題しない問題」対処法

「遊びながら学ぶ」がコンセプトのレッツあそまな!にようこそ^^

今回はこれから小学校入学を控えた新一年生の親御さんに向けて、子供が「宿題しない問題」について私が実際にベテラン担任に授けてもらった対処法をお話しします。

・新一年生、宿題をなかなかやらないときはどうしたらいい?

・本読みや計算カードが面倒くさい!というお子さんへの対処法

我が家の小1息子の担任は、新一年生を受け持つのがなんと10回目という、ベテランの年配女性です。

その先生に「息子が宿題をなかなかやらないんです」と個別懇談で相談したところ、目からうろこのとても有益なお話をしていただいたので、「宿題しない問題」にお悩みの親御さんの一助になればと思い共有させていただきます^^

新小学一年生「宿題しない問題」原因

もうすぐ小学校入学を控え、お子さんの新しい門出にドキドキわくわくしているご家庭も多いのではないでしょうか?

さて、小学生といえば授業だけでなく宿題が出る学校が一般的。

意外とたくさんのご家庭で負担になっているのがこの宿題です。

保育園(こども園)時代にこどもチャレンジを受講しており、勉強の習慣もついていた息子。我が家はきっと大丈夫~と気楽に構えていたら、、、、予想外の「宿題しない問題」勃発。

多くの新一年生がぶつかるこの「宿題しない問題」ですが、ほとんどの場合、宿題をしない理由が「むずかしいから」ではない点に注意が必要です。

新一年生が宿題をしない理由

・宿題をするより遊びたい
・宿題をするのが面倒くさい(特に音読や計算カード)
・授業、登下校で疲れている



宿題をるすより遊びたい

幼稚園や保育園に通っていたころは、園での大半の時間が遊びの時間という場合が多いと思いますが、小学校に入学するといきなり勉強一色の生活に。

小学校では入学式を終えるとすぐに4限授業や5限授業が始まります。

自由に遊べていた園生活から、いきなり45分の間椅子に座って先生のお話しを聞く時間×4限(5限)になり、中休憩や昼休みがそれぞれ20分程あるとしても、勉強一色の生活になったと感じる子供がほとんどです。

一年生レベルの勉強はさほど難しいというわけではありませんが、学校から帰宅するのは我が家の場合は3時半頃。おやつを食べて休憩しているとあっという間に5時近くになってしまいます。

「もっと遊びたい!!」

これが子供たちの本音なのだと思います。

兄
遊べないから学校に行きたくない!

息子がこの一年間頻繁に言っていた言葉です。

特に日曜日の夜や月曜日の朝にいうことが多かったです。

やっと授業が終わり家に帰ってきて、やっと遊べる!!遊びたい!!となるのは、子供の側から考えればしょうがない気もします。

宿題をするのが面倒くさい

新一年生の宿題と言えばひらがなプリントやカタカナプリント、音読に計算カードがあります。

ひらがなプリントやカタカナプリントはひたすら同じ字の練習、音読も何日も同じお話しを、計算カードに至っては、勉強が進むにつれて増える枚数、、、。

息子は最初のうちは

兄
時間がかかり過ぎて遊ぶ時間がないよ~(泣)

慣れてくると

兄
もう上手にできるのに、なんで毎日やらないといけないの?めんどくさい!

といったかんじ。

もうできるところを毎日毎日遊びの時間を削って繰り返す、、、、時には音読×3回なんて宿題も!上手に読めているんだから1回でいいじゃん!という子供の気持ちもわかります。

学校の授業や登下校などで疲れている

少し前までは自由に遊び、疲れたらお部屋でゆっくり絵本を読む、そんな生活をしていた子供たち。

それが小学校に入学して突然、毎朝重いランドセルを背負って歩いて登校し、4限5限の授業を受けてまた歩いて帰宅するようになります。

しかも場所やお友達、先生、お勉強と新しい環境になって気持ち的にも普段より疲れているはずです。

そういった理由で、帰ってきた頃にはもう十分に頑張って疲れているに違いありません。

その状態で集中して宿題を!というのは子供たちにとっては難しいことなのかもしれません。



新一年生に宿題をさせるために試したこと

息子はどちらかというと、宿題をやらないで学校に行くのは嫌なタイプです。

宿題はやらないといけないと思っているけど、やるのが面倒でどんどん後回しにしたり、やり始めてもグダグダ脱線して必要以上に時間がかかったりという感じ。

そこで我が家では宿題を息子がするようにと、下記の方法を試してみました。

宿題の前におやつ休憩を入れる

我が家は学校から2キロほどあり、徒歩での下校で疲れているのかもしれない+確実にお腹は空いているであろうことを加味して、宿題の前にまずはおやつ休憩を入れてみることにしました。

時間にして30分ほど。

それでもやっぱり「宿題の前に遊びたい!」とのこと。

宿題をする時間帯を本人に決めさせる

ということで、次に宿題をする時間を本人に決めさせる作戦を決行!

すると本人が、

兄
おやつ食べて、ちょっと遊んで、17時から夜ご飯の間にする!

というので見守ることにしました。

その結果、17時では遊びがやめられず夜ご飯の後に宿題をする羽目になり、その分就寝時間がずれこむことに、、、、。

結局は面倒くさい、遊びたいという気持ちが強いという結論に。



宿題をしない新一年生の親へのベテラン教師の助言

そこで今度は個人懇談のタイミングで、この「宿題しない問題」をベテランの担任教師に相談してみることにしました。

「先生、息子が計算カードや音読を面倒くさがって、なかなかしなくて困っていて、、、。」

するとびっくり、先生の回答がこちら

↓↓↓

「授業を見ていると、音読も計算もしっかりできているので、やらなくてもオッケーですよ!」

えっ!!?やらなくていいの??!

と本当にびっくりしました(笑)

一年生の担任を10回も担当されているベテランのその担任先生いわく、

低学年のうちは宿題は臨機応変に
・強制しすぎてもやる気がなくなってしまうので注意
・できている範囲は毎日じゃなくても大丈夫(音読・計算カード)
・その代わりに思考系の算数プリントや絵本を読むなど興味のある勉強を

との事。

目からウロコでした(笑)

親バカですが、息子は今では計算カードもまぁまぁ速いし正確で音読もすらすら上手に読めるんです(1学期の頃は散々でしたが笑)。

そのため、実は親である私自身も毎日毎日こんなに嫌がりながら(&怒られながら)やる意味はあるのだろうか?と思っていました。

もちろん先生によっては宿題は必ずするように!と言われる場合もあると思います。

ですが、息子のベテラン担任の言うことももっともだと妙に納得してしまいました。

・「宿題をやること」が目的になってはいけない

・宿題の目的は「学習内容の理解を深め、知識を定着させること」



宿題の目的別「宿題しない問題」対処法

ということで、ベテラン担任の助言の元、我が家で計算カードや音読の宿題の代わりに取り入れていることをご紹介します。

音読をやらない問題対処法

私が考える音読の目的は次の通り。

音読の目的

・文章をスラスラ読めるようにする
・登場人物の心情や物語の内容を理解する

音読を嫌がるお子さんは面倒くさいだったり、知っているお話しを読むのがつまらないという理由が多いです。

そのため、我が家では次のように対応しています。

音読を嫌がる時の対処法

・子供のお気に入りの絵本を音読する
・短めの物語で、子供が興味を持ちそうなもの且つ初めてのお話しを音読する
・上記でもだめな場合は絵本の読み聞かせをする

絵本選びに困ったら、たくさんのお話しが一冊に収められており尚且つ小さめの持ちやすい絵本がおすすめです。





 

上記3冊は息子も気に入っている本で、一番下の本は私が子供のころよく読んでいたものになります。

お話が長い場合は、途中のキリの良いところまでをお子さんが、残りを親御さんがという風に親子で協力して読むのもおすすめです^^

計算カードをやらない問題対処法

私が考える計算カードの目的は次の通り。

計算カードの目的

・計算スピードを速くする
・計算を正確にする
・式を見て答えがパッと思い浮かぶようにする

音読と同じで、計算カードは数が多く時間がかかる点や、カードを一枚一枚めくらないといけない点で、面倒くさいとなるようです。

また、息子は計算カードは面倒だけど、計算プリントはすらすら取り組んでおり、本人に聞いたところ、プリントの方がやる気が出るとの事。

そのため我が家では次のように対応しています。

計算カードを嫌がる時の対処法

・20~30マス計算や計算プリントをやる
ボードゲームで計算遊びをする
・親が計算カードをスライド式に見せ、子供に答えさせる
・親が計算カードを読み上げ、子供に答えさせる

子供の代わりに親が計算式を読み上げてあげたり、カードをめくってあげたりするのも息子には効果的でした。

また、計算カードを使わず、ふとした時に「12-5!」などと問題を出すのも、ゲーム感覚で楽しい様子でした。

兄
12-5は7!お母さん、もっと問題だして!!

 

また、どうしても気がのらなかったり遊びたがる時は、計算遊びができるボードゲームを楽しんでいます。

習い事の日などはご褒美感覚で計算カードの代わりにボードゲームにしてみるのもいいですね^^

スリーピングクイーンズ

遊び要素が強くておすすめなのは、スリーピングクイーンズ!

 

スリーピングクイーンズ
クイーンを起こせ!ボードゲームで計算力を鍛える★スリーピングクイーンズ対戦型のボードゲームであそびながら計算力を鍛える!スリーピングクイーンズのご紹介。持ち札の数字カードを使って足し算の方程式を素早く作れると有利に?キングや騎士、ドラゴン、魔法の杖などを使ってクイーンを起こし、適プレーヤーに奪われるのを防ぎながら、より多くのクイーンもしくはポイントを獲得した人が勝者!あそびながら学べるおすすめのカードゲームです。...

ナインブレイク

オセロが好きな子には、教科書にも採用のナインブレイクもおすすめです。

ナインブレイク
教科書にも採用のボードゲーム!ナインブレイクを手作り【感想&ルール】教科書にも採用されているボードゲーム、ナインブレイクについてご紹介!ルールや遊び方、感想だけでなく、簡単に手作りする方法についても図解してみました^^ 楽しく遊びながら計算力を鍛えることができる、おすすめのボードゲームです!...

足算(あしざん)

神経衰弱が好きな子にはこちらの足算なんてどうでしょう?

 

あしざん
神経衰弱で記憶力を鍛える!カードゲーム足算(あしざん)とはあそびながら足し算の反復練習にもなるカードゲーム、足算(あしざん)のご紹介!足し算に興味を持ち始めた幼児や、計算カードや算数プリントを面倒くさがる子必見! あそんでいるうちに10の補数の概念が身に付きますよ!...

どこでもドラえもん日本旅行ゲーム2+ミニ

スゴロクが好きな子には地理も学習できちゃうこちらがおすすめ!

どこでもドラえもん日本旅行ゲーム+ミニ
地理&計算遊びに「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム+ミニ」がおすすめな理由「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム+ミニ」は地理が学べるだけでなく、ちょっとした工夫で計算力を鍛えることもできる知育ボードゲームです。ご当地の名物に扮したドラえもんの「どこドラカード」を集めて勝利を目指そう!5歳7歳が1年間遊んだレビューも是非お読みください^^...

新一年生「宿題しない問題」対処法まとめ

ピカピカの一年生まであと少し!親も子供も新しい環境にむけてドキドキわくわくしている時期かと思います。

新一年生を持つご家庭の皆さんにお伝えしたいのは、宿題は臨機応変に!ということ。

勉強嫌い、宿題嫌いになっては元も子もありませんから、疲れているなと思ったら、親が手伝ってあげてもいいですし、楽しくできる方法に変えてみても良いと思います。

「宿題をすること」自体が目的になってはいないか?

子供が「宿題をしない問題」にぶつかった時には、ぜひ思い返してみてください。

 

以上、レッツあそまな!でした^^

算数が好きになる!無学年制の算数タブレット

ランキングに参加しています★ポチっ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 

算数を楽しく学べる無学年制算数タブレット

お子様の学習データを分析し、1人1人の「ちょうどいい」レベルに教材が自動に変化するので、「苦手」を取り残しません。

「無学年制」が特長で、お子様が自尊心を育みながら、学習習慣を身につけられる新しい教材です。

 1週間お試し
キャンペーン実施中

関連記事