国語・英語あそび

おうち英語でバイリンガルを目指さない理由|就職に有利ってホント?

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

今回は子供のおうち英語について、我が家が目指す目標についてお話します。

結論から言うと、我が家はバイリンガルを目指していません!

目指すのは『英語でなんとなくでもコミュニケーションが取れたら素敵だね!』っという感じ。

ではさっそく、この結論に至った理由をお話していきます。

・おうち英語でバイリンガルを実現するために必要な事

・英語がバイリンガル並みに話せることで就職に有利ってホント?

・我が家がおうち英語でバイリンガルを目指さない理由

ディズニーの英語システム等でおうち英語でバイリンガル!を目指すのも素敵なことですが、まずはその目的と将来性についてしっかり考えてみてくださいね^^

おうち英語でバイリンガルを育てるには

子供 習い事 英語

おうち英語でバイリンガル!でよく耳にするの教材をあげてみると、

など。

ディズニー英語システム等高額(100万)なものもあれば七田の7+BILINGUALのように比較的安価(3万)なものもあり、それぞれが『バイリンガル』を謳っています。

ではそれで本当に子供が『バイリンガル』に育つのか?

私はおうち英語でバイリンガルに育てるのは難しいのではないかと思っています。

教材を活かすには親の熱心な働きかけが必須

どんなに良い教材を使っていても、買って子供に「はいどうぞ」ではバイリンガルにはなりません。

子供をバイリンガルに育てるには、親の熱心な働きかけが必要です。

DVDを見せる、CDを描け流す、英語で話しかける、英語で絵本を読み聞かせる、etc.

英語のDVDを楽しく見続けてもらうためには、他のアニメなどを見せないようにすることも必要になってきますが、それって結構大変なことですよね。

特に英語学習を始めた方が良いとされる乳幼児期は、子育てや家事(+仕事)に追われ、おうち英語でバイリンガルに育てるだけの十分な取り組みをしようと思うと、親(特に母親)の負担が大きいです。

英語教材に興味を持ち続けさせることが必要

妹
英語じゃなくて、プリキュアとかドラえもんのアニメがみたい!
兄
英語の絵本はわかんない!歌も飽きたから鬼滅の歌が聞きたい!

特に年齢が上がって幼稚園に通いだすと、親のみせたいもの≠子供のみたいものになってくるので、英語教材を見せたり聞かせたりするのはなかなか難しくなります。

だいたいのおうち英語の教材は乳幼児期をターゲットとしており、小学生や中学生になってまで使える(子供の興味が続く)ものというのはないのではないでしょうか?

その一方で、乳幼児期に習得した英語とは使わないとどんどん失われていくもので、継続的に英語に触れる時間を確保していかないと意味がありません

 

こういった理由で、おうち英語でバイリンガルを目指すのは難しいのです。



英語のバイリンガルは本当に就職に有利?

バイリンガル 就職何を目指して子供をバイリンガルにしたいのでしょうか?

その大きな理由が『将来の役に立つから』『就職に有利だから』といった漠然としたものだったりしませんか?

では本当に就職に有利なのでしょうか?

まず、世界でグローバルな仕事をするために!という理由でバイリンガルを目指すのは危険です。

それは日本では珍しいバイリンガルも、海外に出たらさほど珍しいものではなく、バイリンガルやトリリンガルが普通という国も多いから。

就職に有利になるには英語が話せるのは大前提で、そこに+アルファでどんな技能を持っているか?ということが大事になってきます。

また、英語教育に力を入れるということは、その分母国語やその他の教科にかける時間が短くなるということ

日本語のちょっとしたニュアンスの違いがわからなかったり、仕事で使うようなかしこまった文章の理解が難しく感じたりと、仮に日本で英語が話せることを武器に就職したとして、『英語を話せる』以外の部分で他の人より困難な場面に直面しやすくなります。

もちろん、

・国際線のパイロットやCA
・英会話講師
・観光ガイド

など、英語が話せると有利な職もたくさんありますね。

しかし、どの仕事も英語の他に+アルファの技能をもっていることが必要となることを忘れてはいけません。

バイリンガルが就職に有利なのは、+アルファの技能を持っていることが前提です。



おうち英語でバイリンガルを目指さない理由まとめ

上記の内容をまとめると、

  1. おうち英語でバイリンガルを育てるのは難しい(親の膨大な働きかけが必須)
  2. バイリンガルが就職に有利になるには+アルファの技能が必要

ということ。

上記を踏まえて考えると、我が家は共働きなこともあり子供たちを日常的に英語に触れさせたり、継続して取り組みをさせたりするのは難しい。

あくまでも英語は子供に学んでほしい事柄の1つであり、その他のことにも興味をもってたくさんの知識や経験を積んで欲しい。

また、子供に世界で活躍してほしい!なんて夢もなく(本人が望めばもちろん応援しますが)、英語への苦手意識ができなければいいなという考え。

以上のことから、我が家はおうち英語でバイリンガルを目指さない!という結論に至りました。

 

子供が生まれると、英語は話せた方が絶対有利!という漠然とした焦りもあり、なんとなくやった方がいいだろう!とバイリンガルを謳った商品に手を出してしまいがちです。

もちろんそれはわるいことではありません^^

ですが、大きな額の商品を買うときにはぜひ、『なぜ子供をバイリンガルに育てたいのか』や、『バイリンガルにするにはどれほど親の働きかけが重要なのか』、『バイリンガルは本当に就職に有利なのか』をよく考えて、目的を明確にしてみてくださいね

 

子供の英語学習についての他記事はこちらから↓

>>Googleレンズが凄い!英語学習だけでなく知育にもおすすめのアプリ

>>【子供】英語教室の活用方法 ⇒ ただ通うだけでは身に付きません!

>>ICコーダーにCDを取り込んで聴く方法【英語学習におすすめ!】

 

以上、レッツあそまな!でした^^

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ






算数を楽しく学べる無学年制算数タブレット

お子様の学習データを分析し、1人1人の「ちょうどいい」レベルに教材が自動に変化するので、「苦手」を取り残しません。

「無学年制」が特長で、お子様が自尊心を育みながら、学習習慣を身につけられる新しい教材です。

 1週間お試し
キャンペーン実施中

関連記事