雑記

2021年|子供用GPSを徹底比較 ⇒月額無料機種やsoranomeがおすすめ

子供用GPS

 

小学校入学準備に子供用のGPSって必要かしら?種類も沢山あるし、キッズ携帯も気になる….持たせるとしてもどれがいいの?

そんな悩みを解消すべく、我が家の経験から入学準備に子供用GPSをおすすめする理由と、子供用GPSを比較した結果から選ぶポイントについてご紹介します。

小学校低学年のお子さんにはキッズ携帯より子供用GPSがおすすめです!

・キッズ携帯より子供用GPSが選ばれる理由
・有名どころのGPSを比較
・子供用GPSにあると便利な機能
・1年間使用してみて感じた、子供用GPSを選ぶときに見るべきポイント

レッツあそまな!

子供の小学校の入学準備って何をすればいいの?

もちろん、入学してからの勉強面ではこんな不安もあったりしますが↓

新一年生宿題をしない問題対処法
【ベテラン担任からの助言】新一年生「宿題しない問題」対処法小学生の「宿題しない問題」について、一年生の担任回数10回というベテラン担任のアドバイスをもとに対処法をまとめました。特に新一年生のご家族に読んでもらいたい内容になっていますので、ぜひ読んでみてください!...

我が子が小学校に入学するにあたって一番心配なことといえば、登下校時の防犯面ではないでしょうか。

我が家もちょうど1年前、子供のGPSどうする??とネットとにらめっこで比較しては悩んで悩んで、子供用GPSを導入した経緯があります。

今回は、もし今一度GPSを選ぶとしたらどんな点を重視して選ぶだろう?ということを交えながら、子供用GPSを選ぶときのポイントについてご紹介します!

月額無料の買い切りタイプ、SOS機能付き、充電が長持ち、アップデート可能など、重視するポイントによってご家庭に合うものを選んでいただければと想います。

入学準備に子供用GPSって必要?

入学準備

小学1年生、子供用GPSって必要?

結論から言うと、入学初期は持たせた方が安心です。

なぜなら、しっかりしている!と周りから言われる我が子ですら、時間通りには帰宅してこないことがあるからです。

我が家から小学校までは約2kmあり、小学1年生の足で歩くとだいたい30~40分ほどかかります。

登校する時は学年が入り混じった班での集団登校、下校時は1年生のうちは1年生で集団下校する決まりになっており、さらにボランティアさんが下校時は付き添ってくれるというありがたい環境。

それでも尚、時間通りには帰宅できないことがあるのです。

理由は途中でトイレを借りにコンビニに寄った(ボランティアさん見守りの元)とか、側道の虫や草木に夢中になっていたとか、途中で班のお友達が別のお友達(途中から別方向)についていっちゃったとか、本当に些細なこと、、、

15時前に学校を出たはずが、16時過ぎになっても帰ってこなかったこともありました。

ちょっと前まで未就学児だった我が子。

もしかして道を間違ったのでは?

もしかして事故や事件に巻き込まれたのでは?

こんな時、不安を解消してくれるのが子供用GPSです!

子供の安全面でもそうなのですが、親の不安を解消してくれるアイテムとして、小学校への入学準備として子供用GPSをおすすめします。

子供のGPSとしてキッズ携帯をおすすめしない理由

子供用GPSとキッズ携帯を比較すると、子供の位置情報をキャッチするということに関しては使い勝手がいいのは子供用GPSです。

子供が使うGPSとしてキッズ携帯を検討する際にネックとなるポイントを比較すると、次のようになります。

携帯の持ち込み禁止の小学校がある

子供用GPSと違って、キッズ携帯は通話やメール送受信、写真撮影、アプリの利用ができたりと機種によっていろいろな機能がついています。

授業中に音が鳴ったり、先生のいない休憩時間にアプリやメール機能を利用する心配からトラブルの原因になると考える学校は少なくなく、キッズ携帯と言えど持ち込み禁止の学校も多くあります

子供用GPSの場合

GPSという限られた使用目的上ランドセルから出すこともないため、持って行っても大丈夫な学校がほとんど。

キッズ携帯を検討する場合は、事前に学校に確認しましょう。

GPS機能を利用するには別料金がかかる

3大キャリア(Docomo、au、SoftBank)のキッズ携帯では、子供の現在位置を検索して把握するなどのGPS機能を利用するためには基本料金とは別にオプション料金がかかります。

だいたい220円~330円から利用できますが、位置検索1回に付きさらに5円かかるなど、費用面で子供用GPSよりも高くなります。

子供用GPSの場合

基本利用料のみで使用可能。月額無料の買い切りタイプも。

親子が同じキャリアの携帯でないとGPS機能が利用できない

3大キャリア(Docomo、au、SoftBank)では、親(見守る側)の携帯に上記オプションを付けることでGPS機能が使えるようになるため、キッズ携帯と親の携帯は同じキャリアである必要があります

そのため、親が格安スマホを利用している場合、人気キャリアのキッズ携帯をGPSとして利用することはできません。

子供用GPSの場合

親(見守る側)のスマホのキャリアや機種に関わらず利用でき、両親、祖父母など複数人で見守ることが可能。

本体価格が高額のため子供に持たすのが不安

キッズ携帯では本体価格が15000円を超えるものも少なくなく、またその重量も100g前後と子供用GPSの2倍以上。

落とした時の衝撃の強さと故障した場合の買い替えなどを考えると、キッズ携帯は小学校に上がったばかりの子供に持たせるには不安があります。

子供用GPSの場合

5000円代で購入できるものもあり、比較的安価で重量も40g前後と軽い。

 

以上の理由から、特に低学年のうちはキッズ携帯ではなく、子供用GPSをおすすめします。

子供用GPS『どこかなGPS』を1年使った感想

上記の理由から、小学校に入学に際して子供用GPSを持たせることにした我が家。

購入したのはソフトバンクどこかなGPSです。

このGPSに決めたのは夫で、主に重視したのは費用面でした。

どこかなGPS

・本体13200円だけで月額無料で2年間使用可能(3年目からは月額400円)
・「今どこ?」がわかるリアルタイム検索機能
・子供から「今ここだよ!」の連絡を受け取れるここ連絡機能
・アプリを開くだけで居場所がわかる
・移動履歴が残せる(最大3日分)
・指定の場所への到着・出発通知を設定できる
・家への到着・出発通知を設定できる
・音を鳴らして「どこかなGPS」を探すことが可能
・複数のスマホで見守り可能(最大4台)
・充電が少なくなるとスマホに連絡

詳しい内容を公式ページで確認する

他の子供用GPSと比較して、特徴的な機能にピンクラインを引いています。

「今どこ?」がわかる機能は本当に便利で、自動計測で設定している時間以外でも、スマホで現在位置の更新ボタンをタップするだけで、今どこにいるかを検索できます

子供用GPSなら当然でしょ?と思われる方もいるかもしれませんが、設定した時間(3分や5分間隔)でしか計測できない機種は多く、この機能は貴重です。

また、今ここ連絡機能は『どこかなGPS』のボタンをお子さんが押すことで、登録されたスマホに連絡がくる機能(SOS通知機能)です。

迎えの必要な習い事の時やお友達の家に遊びに行かせた時に便利な機能で、お子さんから「迎えに来て!」の連絡に使ったりもできます。

バッテリー持ちが悪い
・出発・到着の連絡が、目的地の100m圏内に入った時・出たときのため、実際の時間とは誤差がある

電池の持ちが一番不便な点で、日曜夜に充電を満たんにしたとしても木曜日前後には電池が切れてしまうため、週の半ばでもう一度充電が必要になります。

充電が少なくなってくるとスマホに連絡が来るのですが、こまめな充電が手間と感じる方は最低でも充電が平日5日持つような機種を選ぶことをおすすめします。

また、設定した場所への到着・出発連絡の誤差については、リアルタイム検索機能がある「どこかなGPS」では問題ないと感じました。

 

↑2021/8/6に確認したところ、最安値は9,000円代でした(普段は基本13,200円)。

soranome・みてねみまもりGPS・GPS BoTのメリットデメリットを比較

我が家は来年度には下の子が小学校に入学します。

そこで2つめの子供用GPSの購入を見据え、現在ある機種を比較検討し3つの機種まで絞り込みましたのでご紹介します。

公式ホームページや各種レビューを読んで私が感じたメリット・デメリットについてまとめました。

GPSで子供を見守る『soranome(ソラノメ)

※本体1つに対して4色セットのシリコンカバーが付属

・本体をアップデートできる
・7日間使用可能なバッテリー持ちの良さ
SOSボタンを押すことでスマホに通知が来る
・複数のスマホで見守り可能(最大3台)
・通知エリアを設定することで、そのエリアへの到着・出発の通知を受け取れる
・位置情報の更新間隔は1.5分、3分、5分、10分、30分、から選択できる
本体13,200円、月額使用料480円の他初期事務手数料として3,000円、年縛りなし

soranome(ソラノメ)の特徴的なメリットは、一度の充電で1週間使用可能なバッテリー持ちの良さと、子供からの通知を受け取れる、そして買い直すことなく本体をアップデートできる点です。

『soranome』の本体にあるSOSボタン長押し(3秒)または5秒以内に3回押すとSOS状態となり、SOS中は1分間隔で位置測位ならびに、定期的にアプリへのSOS通知が行われます。

またSOS状態は30分間維持されるとのこと。

前述の『どこかなGPS』も同じように子供から通知を送れる機能がありますが、『どこかなGPS』ではボタンを1回押すことで通知を送る設定になっており、誤動作での通知がくる可能性があります。

そういった理由で、SOSボタンの使用を重視するなら『soranome』がおすすめです。

また、『soranome』を購入した方のレビューの中で「電車通学させているので、駅に着いたよ!の連絡を取るのに重宝している」とのお話も!

お迎えの時間がまちまちになるような習い事(公文など)の場合にも、「終わったよ」「迎えに来て」の連絡に便利ですね^^

そして他の機種にはないメリットとして、買い直しせずに本体をアップデートして最新の状態で使用できる点が挙げられます。

不具合の修正やお客さんの要望に応える形(後述)で、発売から約1年半の間に2回のアップデートが実施されています。

兄弟におさがりとして使う場合や小学校の6年間使う場合にも、買い直しせずに最新のバージョンが使えるのはとてもありがたいですね!

リアルタイム検索はできない
一度解約をすると本体は再利用できない
・位置情報の更新間隔が最も短いもので3分と長い
⇒2021/7/12のアップデートで1.5分の更新間隔が追加されました!

詳しい内容を公式ページで確認する

『soranome』は最も短い更新間隔が3分かつリアルタイム検索ができない点がデメリットでしたが、お客さんからの要望に応える形で2021/7/12のアップデートで1.5分の更新間隔が追加され、その点もクリアになりました。

 

現在、公式ページからの購入限定で5,500円引き(税込)になるお得な夏トクキャンペーンが2021/8/31まで開催中です。

>>「soranome」公式ページから購入する

mixiが手掛ける『みてねみまもりGPS』

2021年3月にも新しく子供用GPSが発売されました。

その名もみてねみまもりGPS

『みてねみまもりGPS』だけの機能としては、位置情報を見るだけでなく、お子さまの一日の歩数もカウントするところだとか。

日に日に自分の足で歩く距離が増えるお子さまの成長を見守ることができますね^^

子供からの連絡はできない
・一度解約すると本体の再利用できない

『みてねみまもりGPS』のデメリットは子供からの連絡ができない点です。

ですが、ランドセルに入れっぱなしでGPS機能のみで十分と考える方には気にならないかもしれません。

AIみまもりロボット『GPS BoT

AI搭載で学習機能があるのが売りのGPS BoT

子供用GPS おすすめ

バッテリー優先モード(3分間隔)2週間~1ヶ月のバッテリー持ちの良さ
測定頻度優先モード(1.5分間隔)でも1~2週間のバッテリー持ち
・最短 1.5分間隔でオートサーチ
・「通知スポット」を登録した地点への到着・出発を自動でお知らせ
・普段の行動範囲を離れたら、自動でお知らせ
・生活防水、防塵(IP55)、耐衝撃と頑丈な設計
本体4,800円、使用料月額480円、年縛りなしで1ヶ月から使用可能

最大のメリットはそのバッテリー持ちの良さ

私としては土曜か日曜に充電して平日持ってくれたらOKという考えなので、このバッテリー持ちの良さはとても魅力的です!

子供からの連絡はできない
・一度解約すると本体の再利用できない
・リアルタイム検索はできない(1.5分間隔でオートサーチなのでOK?)
・解約完了後の取り消しはできない(再度購入する必要がある)

詳しい内容を公式ホームページで確認する

『GPS BoT』のデメリットは、子供からの連絡ができない点です。

子供用GPSを比較・重視するポイント別おすすめ機種

今回ご紹介した4つの機種のスペックをまとめて表にしてみました。

規格 みてねみまもりGPS soranome
(ソラノメ)
どこかなGPS GPS Bot
(第二世代)
バッテリー
容量
1800mAh 700mAh 397mAh 14000mAh
重量 51g 38g 34g 48g
SOS通知 × ×
現在地検索 × × ×
測位間隔 1.5分/3分 1.5分/3分/5分/10分/30分 3分/5分/10分/30分 1.5分/3分
月額使用料 480円 480円 0円 480円
1年間の使用料
(本体料等含む)
10,560円 13,960円 13,200円 10,560円
2年間の使用料
(本体料等含む)
16,320円 19,720円 13,200円 16,320円

※金額はすべて税抜き、時期により多少変動あり
※soranomeはキャンペーン限定価格で計算
※どこかなGPSは3年目からは月額使用料400円

どの機種も設定した場所(学校や自宅)に到着・出発した時に通知が受け取れる機能はついているため、見やすくするためその点は割愛しています。

上記は我が家で使っている『どこかなGPS』ですが、ペットボトルの蓋と比べてもこのサイズ感!

どの機種も大きさはあまりかわらないかなといった印象です。

重視するポイント別のおすすめ機種

とにかくバッテリー持ちが良いものが欲しい!

そんなあなたにおすすめなのは、

GPS BoTみてねみまもりGPS

どちらも十分なバッテリー容量があるため、1回の充電でバッテリー優先モード(3分間隔で計測)で1ヶ月、頻度優先モード(1.5分間隔で計測)でも2週間程使うことができそうです!

1週間に1回の充電が許容範囲であれば、soranome(ソラノメ)もおすすめ。

子供からの通知(SOS通知)ができるものが欲しい!

そんなあなたにおすすめなのは、

どこかなGPSsoranome(ソラノメ)

誤動作が気になる方はボタンの長押しか3回連続プッシュでSOS通知が遅れる『soranome』がおすすめです^^

『どこかなGPS』は1回のプッシュで通知が送られるため、間違って押してしまう可能性も。

現在地検索ができるものが欲しい!

そんなあなたにおすすめなのは、

どこかなGPS

リアルタイムでなくても、1.5分間隔ならいいかも!と思われる方には

GPS BoTみてねみまもりGPSはバッテリー持ちも良くおすすめです。

とにかく安いものが欲しい!

そんなあなたにおすすめなのは、

どこかなGPS

本体価格のみ、月額無料で2年間使い放題なのはこの機種!

 

1年生の1年間だけ持たせたい!といった方には

GPS BoTみてねみまもりGPSもおすすめです^^

子供用GPSの比較と選び方まとめ

今回ご紹介したGPSはどれも測位性能的にはほぼ同じくらいということで、どうしても欲しい!といった機能や譲れない点で選ぶのがおすすめです。

1年間子供用GPSを使ってみた結果、我が家ではバッテリー持ちが結構重要(せめて平日5日間は持ってほしい!)、かつSOSボタンがあると安心と感じました。

そのため、下の子の小学校入学で新たに子供用GPSを購入するとしたら、soranomeみてねみまもりGPSを選ぶと思います^^

 

現在『soranome』では、5,500円引き(税込)になるお得な夏トクキャンペーンを開催中。
>>「soranome」公式ページから購入する

 

この記事でご家庭ごとの選ぶポイントが見つかればうれしいです。

 

新一年生のいらっしゃるご家庭にはこちらの記事もよく読まれています↓

・算数が好きになるRISU算数

・綺麗な字を身に付ける!ひらがな練習法 STEP1
・綺麗な字を身に付ける!ひらがな練習法 STEP2

・こどもの視力回復におすすめの本3選+α
・こどもの視力回復におすすめのボードゲーム+α

以上、レッツあそまな!でした^^

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

 

GPSで子供を見守る”soranome”

子供の居場所がわかるだけでなく、お子さんからのSOSも受け取れます。

アップデートして常に最新版にできる子供用GPSはこの機種だけ!

今なら 5500円引き
\ キャンペーン実施中 /

関連記事