通信・タブレット教材

みんながワンダーボックスをやめた理由【事前に必ずチェック】

この記事では、「ワンダーボックスをやめた理由」についてSNSやブログを徹底的に調査してまとめた情報をお伝えします。

何も知らず良い面だけを見て受講すると、お金と時間を無駄にすることにもなりかねません。

通信教材を選ぶときには辞めた体験談にもきっちり目を通しておきましょう。

この記事では、

  • みんながワンダーボックスをやめた理由
  • ワンダーボックスを楽しく続けるためにできること

について詳しくご紹介します。

ワンダーボックスは子供の『考える力』に特化した教材で楽しく取り組めると評判効果実証されているとてもおすすめの教材ですが、もちろん家庭によって合う合わないはあります

というか、どんなに良い教材でも事前の心構えや導入の仕方によって、楽しく続けられるか続けられないかが変わってくるんですよね。

ちゃんとみんなの体験談みてから始めればよかった、、、。

この情報を知っていたらもっと楽しく続けられたかも、、、。

というような事前に知っておけば後悔を回避できる情報もありますので、受講前に必ず最後までチェックしましょう

結論として、「ワンダーボックスをやめた理由」で多かったものを挙げると、次の通りです。

  • 年齢的に早すぎた
  • アプリ系教材を併用しすぎた
  • 時間的余裕が足りなかった

このほかにも辞めた理由はいくつかありますが、その多くは事前にお試ししていれば防げた内容が多いのが特徴です。

もちろん途中でやめることになったとしても、すべてが無駄になるというわけではなくお子さんの成長のプラスになることは確かです。

ですが金銭的に損をしたくない、時間的にも無駄にしたくない、といった場合はまずは体験版アプリをお試ししてみることをおすすめします。

他の通信教材のように、無料体験をしたからといってそのまま本契約に進んだり、電話での勧誘や郵便物が届くといったことは一切ありません。

悩んでいるならまずは無料体験でお子さんの反応を確かめてみるのが確実です。

事前に無料で7日間お試しする

※住所・名前等の個人情報不要、メールアドレスのみでOK!

どうせお試しするならキャンペーンでお得に試せるタイミングで教材をまるっと体験したい!

という方は、2023/1/31まで限定で下記キャンペーンを実施中の今がチャンスです。


2023/1/31まで限定!
\ 「考える力がつく算数脳パズル」プレゼント /

[jin_icon_arrowsquare]今すぐワンダーボックスを申し込む

※2,220円引きになるキャンペーンコード
cULYm2fcUS2q併用OK!

ワンダーボックスをやめた理由は?

やめた理由①年齢的に早すぎた

ワンダーボックスのキットをお子さん一人でやってほしい!という場合、お子さんがひらがなカタカナが読める、ことばの意味がわかることが必要となります。

また字が読めたとしても、「ひらがなが読める」と「文章を読んで理解する」ことは違います。

そのため、あまりに幼い年齢(3歳以下)のお子さんでは、自分で内容を読んで理解し、考え実行することは難しい場合もあります。

こちらが実際のクエストの内容です↓

4歳~用

どうでしょうか?

確かにこちらは小さいお子さんが言葉の意味を理解して答えに辿り着くのは難しい感じがしますね。

もちろん親の働きかけでクリアできるご家庭もあるとは思うのですが、

「自ら考える」という視点では、年齢的に早すぎるとそこまで踏み込んだ遊び(学習)ができない場合もあります。

そのため、STEAM教材ならではの使い方ができていないと感じて一旦辞めた(期が熟したら始めたい)という体験談がいくつかありました。

難しいと感じるお子さんには、ワンダーボックスの代わりに直感的にできる「シンクシンク」アプリの方がおすすめみたい!

シンクシンクはワンダーボックスの前身となった数理的思考力に特化した知育アプリで、無料でも遊べます。

やめた理由②ゲーム機の誘惑に負けた(導入は慎重に!)

ゲーム機導入前のご家庭では、こちらの心配はほぼありません。

そういったご家庭では十中八九ワンダーボックスのアプリに夢中になります。

一方、既にSwitchなどのゲーム機を導入し日常的に制限なくゲームができる環境にあるお子さんにおいては、

「ゲームの方が楽しい」という理由で、子供の中のワンダーボックスの優先順位が下がるという口コミが多数。

普段からゲーム機で遊んでいるお子さんには、ワンダーボックスのアプリでは遊び要素が物足りないと感じるようです。

ワンダーボックスを導入する際は、事前にゲーム機を使う際のルールを親子間で決めておいた方がよさそうです(例えば時間や曜日で棲み分けするなど)。

やめた理由③いろいろな教材アプリを併用しすぎた

今は無料のものから有料のものまでたくさんの知育アプリがありますよね。

例えばトド算数トド英語ABCマウスシンクシンクなどは、導入しているご家庭も多いのではないでしょうか。

こういったアプリをたくさん入れているところへワンダーボックスを始めると、1つのアプリに費やす時間が自然とと少なくなってしまいますよね。

(こちらはゲーム機ほど心配しなくてもよさそうですが)

もし沢山同時並行でやらせたい!といった場合には、曜日や時間ごとに使えるアプリのルールを決めたり、各アプリの使用時間制限をしておくといいですね。

もしiPadをお使いであれば、ペアレントコントロールの設定で一日に使えるアプリの時間をアプリごとにコントロールすることもできます。

iPadなら、他のアプリを15分に制限しワンダーボックスのアプリは無制限、というように設定することもできます。

やめた理由④親に余裕が足りなかった

こういった幼児から小学校低・中学年を対象とした通信教材に共通して言えるのは、「親のサポートが大事」ということ。

例えば教材の管理や整理整頓、取組みのモチベーションが下がっているときの働きかけなど。

ワンダーボックスは《冊子2冊+ちょっとしたボードゲーム+工作作品》がほぼ毎月溜まっていくことになります。

厚さ2cmほどの箱にそのまま収納できるとはいえ、よく遊ぶ=よく散乱する=片付けが必要となり、親の心に余裕がないと、、、、

ちゃんと片付けてね!

アプリやるならちゃんと目を離してね!

などなど、ついつい小言が多くなりがちに。

ワンダーボックスでたくさん遊んでくれることはうれしいことのはずなのに、親が一緒に楽しむ心の余裕がなくてモヤモヤ。

このように、子供は楽しんでいたけれど、親の心に余裕がなく泣く泣くやめたといった口コミもいくつかありました。

やめた理由⑤学年が上がり取り組む時間がなくなった

小学3年生ごろになると学校の学習内容がグッと難しくなり、また宿題の量も増えるため、自由時間が減ったことで必然的にワンダーボックスに取り組む時間が減ったとの口コミが。

確かに、我が家の小3息子も3年生になって行動範囲も広くなり、友達と遊ぶ+宿題でいっぱいいっぱい感がでてきました。

我が家はスポ少に入っているため休日も忙しいので、「じっくり取り組む時間的余裕がなくなった」という口コミには共感ですね。

ワンダーボックス自体はとってもおすすめなので、時間的余裕がある年齢(年中~小2)に受講するのがおすすめです。

辞めたくなったらすぐに辞められる?

ワンダーボックスではWEBから3分ほどで簡単に解約手続きができます

通信教材にありがちな電話での連絡も必要ないため、ネット環境さえあればいつでも解約が可能です。

手順や内容については『ワンダーボックスの解約まとめ』の記事で解説していますが、要点だけお伝えすると、

  • 最短受講期間は2か月
  • 10日までに手続きで月末解約が可能(次月号は届かない)
  • 受講者に一番お得になる計算方法での返金制度あり
  • 解約金なし

つまり、1ヵ月目を受講して万が一これは合わないかも、、、と思ったら、次月10日までにWEBページからの手続きで最短2か月での解約が可能ということ。

ちなみに受講者に寄り添った返金制度がしっかりありますので、すぐやめるかも?といった場合でも12ヵ月一括払いがお得です(詳しくは下記記事で)。

ワンダーボックス解約方法
ワンダーボックスの解約はココ注意!~損しないために~ワンダーボックスの解約方法について損しないためのポイントまとめ。結論、WEBで解約でき一括支払いの場合も返金あり!⇒お得な年間払いでも安心して始められます。その他のSTEAM教材についてもご紹介。...

ワンダーボックスをやめた理由まとめ ⇒ 教材が原因ではなく環境要因大

ワンダーボックスをやめた理由を調べてびっくりしたのは、

「やめることにはなったけど、ワンダーボックス自体はとてもいい教材!」

という良い口コミがネガティブな内容に比べて圧倒的に多いこと。

知育界で有名なはなまる学習会監修とあって、「楽しみながら考える力が育つ」というねらいと教材の内容は受講者の認めるところのようです。

我が家も小3小1の兄妹が現在進行形でワンダーボックスを受講していますが、

ワンダーボックスに良い口コミが多いのは納得で、開始3ヵ月ですでにもろもろの効果を実感し始めています。

ワンダーボックスの驚くべき効果とは?学力UPも実証済み

ワンダーボックスの驚くべき効果とは?受講者も認めた●●ワンダーボックスは効果あり!実証実験で証明されている効果と、実際に受講者たちが感じた効果をまとめました。...

この記事でご紹介した「やめた理由」だけでなく、受講者が実際に感じている効果やメリットについても詳しく知りたい方はぜひ上記記事も読んでみてください。

楽しく遊んでこんな結果が得られるの?!と内容にびっくりすること間違いなしです^^

もし今受講を始めるなら2023/1/31までの限定ではありますが、申込者全員に「考える力がつく算数脳パズル」(大人気書籍なぞぺ~シリーズ!)が貰えるキャンペーンを実施していますので、期限までにお申し込みくださいね。


2023/1/31まで限定!
\ 「考える力がつく算数脳パズル」プレゼント /

[jin_icon_arrowsquare]今すぐワンダーボックスを申し込む

※2,220円引きになるキャンペーンコード
cULYm2fcUS2q併用OK!

PS. うちの子(家庭)には結局合う合わないどっち?!と沼入りしてしまったあなたへ

とにかく無料の体験版アプリでお試ししてみることから一歩踏みだしてみてください。

メールアドレスの登録のみなので、もちろん電話勧誘や郵便物での勧誘はありませんので気軽に利用してみてください。

無料で7日間ワンダーボックスを体験する

また、2022年12月より資料請求特典が復活しており、現在は資料請求でワークブックと体験版アプリがお試しできるようです。こちらは住所氏名等が必要になります。

↓↓↓

公式ページから無料資料請求を申し込む

現在、ワンダーボックスを最安値で受講する方法は、12ヶ月一括払いが5%OFFになる下記クーポンコード(キャンペーンコード)を利用する方法です。

クーポンコード(cULYm2fcUS2q)を入れるだけで月額4,200円が3,515円に!

月払いと比べると年間8,220円安くなるよ!

クーポンコード
\ cULYm2fcUS2qを入力 /

[jin_icon_arrowsquare]ワンダーボックス公式ページから申し込む

キャンペーンコード(クーポンコード)の詳しい内容を確認したい方は
[jin_icon_checkcircle]『今1番お得!ワンダーボックス キャンペーンコード』の記事からどうぞ。

地頭を育てるSTEAM教材
はなまる学習会監修の考える力を伸ばす通信教材♪
クーポンコード利用・一括払いで年間8,820円オフは今だけ!
クーポンコード
\  cULYm2fcUS2q  /
※割引キャンペーンは終了する場合がありますのでその場合はご了承ください
関連記事