雑記

coneco見守りGPSを口コミ!評判は本当?デメリットまで解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

位置情報だけじゃなくて、メッセージが送れるGPSはないかな?

この記事では主に小学生のいるご家庭に向けて、文字メッセージ機能が付いたGPS「coneco(コネコ)」を実際に使った感想を詳しく口コミします。

これまで我が家ではconecoを含めて5つの子供用GPSを利用済み。

あんしんウォッチャーどこかなGPSみてねみまもりGPSBoTトーク、coneco

沢山の機種を体験したからこそ伝えられる、リアルな口コミをお伝えします^^

\ 緊急速報 /

2024年より本体料金が大幅に価格改定されました!

19,800円 ⇒ 9,800円 !!

  • conecoの機能・スペック・月額料金
  • conecoのメリットデメリット
  • 実際に使って感じた口コミ体験談
  • メッセージ機能付GPS「BoTトーク」との比較
  • conecoがおすすめなご家庭

上記について知りたい方はぜひ最後までお読みください。

この記事を読めば、conecoだけでなくメッセージ機能付GPSの中でどれがあなたの家庭に向いているかを知ることができますよ^^

conecoはチャイルドシートでもおなじみのカーメイトの製品です♪

また、メッセージ機能付以外の子供用GPSについても知りたい方に向けて、子供用GPS15機種を機能別でランキングしてまとめた記事もありますので参考にしていただければと思います。

参考記事:見守りGPS小学生におすすめ人気ランキング【2023】15種比較で失敗なし!

子供用GPSおすすめ人気ランキング2024【15種比較】小学生に♪【2024年2月最新】販売中の子供用見守りGPS15機種を比較して、小学生におすすめの機種をランキング化しました。また筆者が使用中の人気機種についてもご紹介します。...

coneco(コネコ)を口コミ!メリット・デメリット・評判は?

それでは早速conecoの口コミまとめをご覧ください。

  • 子供からは定型文しか送れない
  • メッセージの受信がわかりづらい
  • 週の半ばで充電が必要
  • 周りを気にせずメッセージを送信・開封できる
  • 親からはいざという時自由メッセージが送れて便利
  • 画面が明るくメッセージが見やすい
  • GPSの精度は他機種と比べても遜色なし

それぞれ詳しくご紹介していきますね。

子供からは定型文しか送れない

coneco(子供側)からは事前に設定した定型文しか送れない仕様になっています。

子供側からの操作のしやすさとしてはメリットにもなりますが、登録していない内容を伝えたい時には不便さを感じるかもしれません。

とはいえ、登録できるメッセージは20種類と結構多いので、緊急時に使える定型文をいくつか入れておけば問題ないかなといった感想です。

我が家が登録していたメッセージで汎用性のあるものを挙げると、

  • 迎えに来て
  • わかった
  • 〇〇(地区名、公園名)に遊びに行ってくる
  • 遊びにいっていい?
  • 終わった(習い事などが)
  • 乗り遅れた(バスに)
  • 今から帰る
  • ちょっと遅くなる

など。

実際、最初は物珍しさから毎日のようにメッセージを送ってきていた子供たちも、慣れてくるとほとんど送られてこなくなり、

我が家ではconecoのメッセージ機能は主に親側からの事務連絡用という使い方に落ち着きました。

メッセージの受信がわかりづらい

coneco本体がメッセージを受信すると、音(サイレントに設定可能)と光(右上のランプ)、メールマークでお知らせしてくれます↓

ただ、リアルタイムでconecoの傍にいない場合、メッセージに気づくサインは右上にあるランプとメールマークのみ。

お知らせの光が小さくて、都度見てないと気づきにくいかも。。

子供発信のやり取りの場合は問題ないのですが(子供も返事を気にしてみているため)、親発信のやり取りの場合は子供が気づくまで時間がかかる場合があるのがデメリットといえるかもしれません。

(スマホを持たせた場合でもメッセージの場合は同じ心配がありますが)

週の半ばで充電が必要

conecoのバッテリー持ちは大体4~6日程度かなと思います。

我が家の場合は毎日登下校で4Kmほど、週1~2回習い事に持っていく使い方で週の終わり頃には再充電が必要でした。

一般的には日曜に充電して木曜or金曜に再充電というサイクルかなと思います。

充電の頻度が気になる方には、こちらもデメリットといえるかもしれません。

周りを気にせずメッセージを送信・開封できる

conecoではメッセージ受信時に着信音が鳴ることを除けば、メッセージ送受信時に音が鳴ることはありません。

メッセージを送る方も声の録音が必要なく、文字でのメッセージのため周りを気にせず送れてとっても便利なんです!

この「文字でメッセージを送れる」機能は子供用GPSでは現在conecoのみなんですよ♪

他のメッセージ機能付きGPSでは音声を録音して送信する必要があるため、周りに人がいる職場などではメッセージの送受信が困難な場合があります。

親からはいざという時自由メッセージが送れて便利

子供からの定型メッセージとは異なり、親からはスマホのアプリから自由メッセージを送ることが可能です。

例えば、

  • 待ち合わせ場所が変わった
  • 遅れそうなので少しまっていて欲しい
  • 今日は〇時から習い事だよ!

など、その時その時に伝えたい情報を自由に子供に伝えることができます。

coneco(子供側)に「わかった」などの既読を示す定型文を入れておき、メッセージを読んだら必ず返信するように親子間で約束ごとをしておけばなお安心ですね^^

スポ少に通っている息子から、ある日雷のため早く終わった連絡がきたときはconecoを持たせていたおかげで助かりました。

迎えに時間がかかることを「今○○にいるから30分ほど待ってて」と伝えることができ、子供も安心して待つことができたようです^^

画面が明るくメッセージが見やすい

こういった電子画面は表示が暗く、デジタル時計の表示のような少し見づらいイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

ですが実際のconecoの画面は背景が白色、文字が黒色のためかなりクッキリ表示され、とても見やすいからさすがです!これには筆者もびっくり!

夕方の屋外でもはっきり文字が読めるので、安心してくださいね^^

GPSの精度は他機種と比べても遜色なし
conecoを購入する

coneco(コネコ)の料金・機能

coneco

本体料金 19,800円 ⇒ 9,800円 月額料金 初月無料
480円
1年間のコスト 25,080円 ⇒ 15,080円 2年間のコスト 30,840円 ⇒ 20,840
バッテリー
容量
620mAh
1日4時間の移動でメッセージ4回送信→約4日
重さ・サイズ 64g
43×106×16(mm)
通信方法 LTE-M 行動履歴 1年間分保存
SOSボタン × 危険エリアの
お知らせ
×
出入り通知
設定
メッセージ

文字メッセージ

子:設定した定型文
(20個種類で登録可)
親:自由メッセージ

測位方式 GPS
Galileo
GLONASS
測位間隔 1分
3分
5分
10分
備考 ・乗り物に乗ると通知

※販売サイトにより多少金額が変わる場合があります

conecoの特徴①メッセージ機能

conecoの一番の特徴として、子供側からは定型文(20種類設定可能)、親側からは自由文が送れるメッセージ機能があります。

子供側では3つのボタンで簡単操作!

「∧」「∨」のボタンでメッセージを選び、「〇」ボタンで決定して送信するだけです^^

子供からの定型文は自由に20種類登録できるよ♪

また、親側ではチャットの要領でスマホアプリからメッセージが送信できます。

conecoの特徴②位置情報検索機能

conecoでは位置情報の更新間隔を1分・3分・5分・10分から選択が可能です。

こちらはあくまで自動で感知する位置情報の更新間隔で、リアルタイムの位置情報はこれとは別に手動で確認できるので安心です^^

リアルタイムの位置情報の確認方法

トップ画面の地図または位置情報ボタンをタップすることで、「リアルタイムビュー」モードになり、自動的に最新の位置情報が10秒毎に取得されます。

conecoの特徴③エリア通知機能

conecoでは、自宅や学校といった場所をあらかじめ地点登録しておくことで、子供がその地点に到着/出発した際に通知を受け取ることができます。

アプリを開かずともスマホのホーム画面への通知で受け取れるため、仕事中でも子供が無事帰宅したことを知ることができ、安心です^^

地点登録も専用アプリから簡単!住所(自宅)や名称(学校名など)で検索して登録するだけです♪

conecoの特徴④のりもの通知機能

conecoには「のりもの通知」をオンにすることで、電車や車といった乗り物での移動を感知してスマホで通知を受け取ることができる機能があります。

徒歩移動か乗り物移動かは、移動速度によって自動で判別するよ!

車での連れ去りを想定した機能かな?とも思いますが、

我が家では下校時にお友達の親御さんが一緒に車で送ってくれたりするため、通知により状況がわかるので便利と感じています^^(子供に確認して後日お礼が言えるので)

conecoを購入する

メッセージ付きGPS、BoTトークとconecoを比較!

我が家はconecoを利用前にBoTトークも利用済みだよ♪

両方使ったことのある我が家だからこそお伝えできる使用感の違いについてもお話していきますね^^

まずは基本スペックを比較します。

  coneco BoTトーク
末端代 19,800円 ⇒ 9,800円 5,280円
月額料金 480円 748円
1年間のコスト 15,080円 14,259円
2年間のコスト 20,840円 23,212円
バッテリー容量 620mAh 1400mAh
最短測位間隔 1分(リアルタイム可) 1.5分
測位方式 GPS, GLONASS, Galileo GNSS(GPS / みちびきQZSS / BeiDou / Galileo / SBAS) アシストGPS( A-GPS ) クラウド測位( WiFi / 携帯基地局 ) モーションAI( 加速度 / ジャイロ )
メッセージ機能 文字メッセージ
子→親:定型文
親→子:自由文
音声メッセージ
(声を録音して送受信)

測位精度については、実際に同時利用した感想としてはほとんど変わらないという印象です。どちらもGPSとしては申し分ありません。

その一方で、大きく違うのが「本体料金」「バッテリ-容量」「メッセージ機能」ですね。

何年使うかでコストが逆転!?

conecoのネックは初期費用の高さだったのですが、2024年の価格改定(なんと、-10,000円!)で1年間のランニングコストはBoTトークとほぼ変わらない価格になりました。

また、月額料金はBotトークよりもconecoの方が断然安く、メッセージ機能のない機種を含めても最安値という安さ(480円)!

GPSのみの機種の最安値528円に比べても、conecoは安いよ。

一方、同じメッセージ機能付きGPSのBoTトークは月額748円と子供用GPSの中でも特にお高め。

そのため、2年間のランニングコストを考えると、conecoの方が6,581円も安い結果に。

1年以上の利用を想定している場合はconecoがおすすめです。

バッテリー容量はconecoよりBoTトークの方が大きい!

我が家が使った感想ではconecoが4~5日ほど、BoTトークが7~10日ほどのバッテリー持ちでした。

メッセージを送れば送るほどバッテリーを消耗するため、基本スペックにあるバッテリー容量差ほども差がないと感じました。

coneco
事前に設定した20種の定型文から選ぶため、メッセージ往復が少ない(要件のみで終わる)

BoTトーク
自由に音声を録音して送れるため、遊び感覚でメッセージの往復が多い(要件以外のやりとりがなかなか終わらない)

こんな感じで、BoTトークは要件が終わっても子供が面白がってどんどん送ってくるため(そして返事を欲しがる)、一回の充電で2週間は持たないかなぁという印象です。

とはいえ、conecoよりはバッテリー持ちが良いのは確かですので、なるべく充電の手間を無くしたい方はBoTトークの方がよいかもしれません。

conecoは文字メッセージ、BoTトークは音声メッセージ!

そう、最大の違いはメッセージが音声なのか文字なのか!

BoTトークは音声で子供から自由にメッセージを送れて便利な反面、親も音声メッセージで返す必要がある点に注意が必要です。

例えば仕事中や人通りのある場所など、声に出して録音がしにくい状況もあるかと思います。

仕事中は廊下に出て録音するんだけど、周りに聞こえるかもと思うと使いづらい、、、。

仕事中に何度も席を外して音声メッセージを送るのは結構むずかしかったりもしますよね。

しかも子供側では友達のいるところでメッセージを聞いてワーワーキャーキャー言っているなんてことも(親としては何度も自分の声が再生されて恥ずかしい。。。)

一方、conecoでは子供からの連絡は定型文(20種類自由に設定可能)にはなりますが、親からはアプリから自由に文字メッセージを送ることができるため、仕事の合間にも返信がしやすいんですよね!

親からはLINE感覚でメッセージを打ち込んで送信でOKだよ!

なかなか音声メッセージでの返信はしづらいなぁと思うなら、断然conecoがおすすめですよ!

conecoを購入する

conecoがおすすめなのはこんなご家庭

GPS機能のみの3機種(あんしんウォッチャーどこかなGPSみてねみまもりGPS)と、メッセージ機能付きの2機種(BoTトーク、coneco)を実際に利用した経験からお伝えします。

ズバリ、conecoが向いているご家庭はこちらです!

  • GPS機能だけでなくメッセージも送れる機種がいい
  • 音声吹き込み型でなく、文字メッセージ型の機種いい
  • 1年以上続けて利用する予定である

逆に、一番向いていないのは「位置がわかればいい」「初期費用を抑えたい(コスパ重視)」というご家庭。

そんなご家庭には精度も安さも申し分なしのあんしんウォッチャーをおすすめします。

参考:子供用GPS「あんしんウォッチャー」体験談

conecoで子供の安全を見守ろう

今回は習い事を始めるお子さんや小学校入学を控えたお子さんを持つご家庭に向けて、メッセージのやり取りもできる子供用GPS『coneco』についてご紹介しました。

  • 居場所さえわかればいい
  • 相互でメッセージのやり取りをしたい

など、ご家庭によって子供用GPSに求めるものは様々ですが、『スマホ以外でメッセージのやり取りができるGPSが欲しい』と考える方には今回ご紹介したconecoがぴったりの商品と言えそうです。

conecoを購入する

また、家が近いしうちの子はしっかりしてるから、GPSはいらないかも?と思われている方!

親の想像を超える行動をするのが子供というものです。

子供の安全のためだけでなく、親の安心材料としても子供用GPSはとってもおすすめですので、迷われている方はぜひ下記記事も参考にしてみてください。

参考記事:見守りGPS小学生におすすめ人気ランキング【最新】15種比較で失敗なし!

子供用GPSおすすめ人気ランキング2024【15種比較】小学生に♪【2024年2月最新】販売中の子供用見守りGPS15機種を比較して、小学生におすすめの機種をランキング化しました。また筆者が使用中の人気機種についてもご紹介します。...

こちらから小学生や幼児教育
\  の人気記事が読めますよ♪  /

地頭を育てるSTEAM教材
はなまる学習会監修の考える力を伸ばす通信教材♪
クーポンコード利用・一括払いで年間8,820円オフは今だけ!
クーポンコード
\  cULYm2fcUS2q  /
※割引キャンペーンは終了する場合がありますのでその場合はご了承ください
関連記事